製品 Product

アニマルガード工法

のり面緑化用獣害対策工法NETIS CB-110023-A(掲載期間終了技術)

のり面荒廃の原因は、食害と踏み荒らし。植物の成長に大切な成長点を守る工法、金網を浮かせて設置!

  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
  • アニマルガード工法
同じ分類の製品
アニマルシャッター工法
アニマルシャッター工法

侵入防止柵

詳しくはこちら
アニマルガード工法 イノシシ対策タイプ
アニマルガード工法 イノシシ対策タイプ

のり面緑化用獣害対策工法

詳しくはこちら
鹿止金網
鹿止金網

シカ食害対策用金網

詳しくはこちら
イノセイバー工法
イノセイバー工法

イノシシ害抑制野芝工

詳しくはこちら

標準規格

標準規格

特長

格子型結束金網「スカイクロスネット」

金網の縦線と横線の交点部を特殊な編織方法で仕上げています。金網の目を広げようとしても交点が強固に固定されているため、金網の交点がずれにくく、シカが首や角を入れても目合いが広がらない構造が特長です。

ネット台座「ハイトキーパー」

のり面の凹凸に対応しながら、スカイクロスネットを約20cm の高さで均一に浮かせます。シカが侵入した際もシカの荷重を一点に集中させない資材です。載荷試験では1.5~2.0KN(約150~ 200Kg)の荷重耐力を有していますので、オスシカの体重(約80kg)以上の荷重に耐えることができます。

植物のダメージを軽減する高さがポイント!

目ズレしない専用金網「スカイクロスネット」を約20cmの高さで設置します。鹿の口が地際まで届きにくいため、緑化植物の生長点を食害から守ることができます。

植生工との組み合わせで植物を守る!

植生マットと組み合わせることで、鹿の踏み荒らしによる表層土壌や基礎工となるマットのダメージを軽減します。

PAGE TOP